メニュー

しみ

ピコスポット(シミ取り)

当院では、米国のシネロン・キャンデラ社の『ピコウェイ』というピコレーザーを使用してシミ取り治療をしています。
年齢とともに、色が濃くなり、数も増えてくる顔や体のシミ。シミのないキレイな肌にしたいというお悩みを、即効で解決したい人におススメなのがピコスポット(ピコウェイ)治療です。
濃く出た気になるシミや、大きくて目立つようなシミの部分にピコレーザーを照射するだけのお手軽な治療法です。

  • 目立つシミがある
  • 一度の治療で治したい
  • 過去にフォトフェイシャルなどの光治療でもシミが消えない

従来、シミ治療に使用されていたのは Q スイッチレーザーが主流でした。Q スイッチレーザーは、ナノ秒という極めて短い時間の照射をすることで、シミ除去を基本的には 1 回で治療できる治療法でした。しかし濃いしみや比較的除去しにくい体幹のしみ、しみの種類によっては、数回の治療が必要な場合がありました。
ピコレーザーのピコとは、Q スイッチレーザーのナノと同じく長さを表す単位です。レーザーは、照射時間が短ければ短いほど皮膚を熱変性させずに、色素を破壊させることができます。その照射時間を短くする研究を重ね、ついにナノ秒より短いピコ秒での照射ができるレーザーが開発されたのです。それがピコレーザー・ピコウェイです。

ピコウェイとは

シミやくすみの原因となるメラニン色素や、従来では消えにくかったタトゥーの色素
粒子(顔料)を細かく粉砕することが可能になりました。

ピコレーザー

「ピコ」とは「一兆分の 1 秒」を意味していて、ピコレーザーによる治療では光エネ
ルギーを超短時間(500 ピコ秒)で肌に伝達します。それは、Q スイッチレーザーの約 1000 分の 1という極めて短い時間で、その分痛みも軽減され、肌への負担が(赤みや黒ずみ)少なくなります。熱による火傷も起こりにくく、ダウンタイムを抑えながらも確実な効果が期待できます。
※ピコウェイは、ナノ秒よりもさらに短い数百ピコ秒(30 億分の 1 秒)という極め
て短いパルス発振により得られる高いピークパワーを有する医療用レーザー装置です。これにより周辺組織へのダメージを最小限に抑え、少ない治療回数で安全で効果的な治療を実現します。
従来の光熱作用が少なく、光音響効果が優位になることにより、標的となる色素粒子をより細かく破砕します。破砕された断片はマクロファージによって貧食作用を受け、リンパ管を通して体外へとゆっくり排出されます。

高出力のレーザーで色素粒子の破壊力が高い

従来のレーザー治療は、熱エネルギーで色素にアプローチしていたのに対し、ピコレ
ーザは熱作用がほとんどない強力な衝撃波でアプローチします。
照射時間がとても短く、細胞に熱を与えずに高い効果を発揮します。


黄色など暖色系)532nm/294ps
など寒色系)730nm/246ps
(黒色系)1064nm/339ps

シミ、そばかす、ホクロ、アザなどの気になる部分や、タトゥー、眉のアートメイク
にスポットで照射していきます。375 ピコ秒と照射時間が短く、熱がほとんど発生しないため、Qスイッチレーザーよりも痛みや肌へのダメージ、炎症後色素沈着などリスクが少なく、ダウンタイムが軽くなります。さらに、照射後のカサブタも薄い膜状で、剥がれやすい特徴があります。
スポットサイズは最小 2mm まで設定でき、細やかな照射ができ、1~2mm 程度のホ
クロは、1~2 回で消せる可能性が高いため、皮膚を削りたくない方やホクロが多い方におススメです。光治療などでは難しい薄いシミにも対応できます。

ピコレーザーでは、色素粒子(顔料)を不可視レベルまで細かく破壊できます。
破壊された色素粒子は、体内のマクロファージと呼ばれる貪食細胞によって消
化され、代謝でリンパ管を通じて体外へと排出されます。

    ※1 ピコ秒は 1ps と記載し、1×10-12 秒、つまり 1 兆分の 1 秒のことである。

 また、肝斑などではトラネキサム酸の内服や(4%)ハイドロキノン製剤なのでの外用が重要ですが、それに合わせてPICOレーザーを用いたトーニング治療も行っております。

 肝斑は、紫外線はもちろん、皮膚への刺激、女性ホルモンバランスの乱れ、薬剤などが複雑に影響し生じるとされておりますが、それらにより皮膚の真皮にたまったメラニン顆粒を破壊するピコトーニングは内服のみの治療よりも即効性があり、光老化や加齢変改によって弱くなった真皮が再構築されることで増悪することを防ぐ働きもあります。ただち、これのみの治療ではかえって悪化することもあり、内服を続けることも大切です


照射モードを使い分けた治療が特徴

照射モード 特徴 適応症状 施術頻度
の目安
施術回数
の目安
ピコスポット スポット照射で気になる部位の症状を改善  シミ・tattoo 4週間に 1 回 1~3 回
ピコトーニング 全体的に気になる部位の症状を改善 肝斑 2週間に1回 5~8回

※小さいシミは 1 回で治療が終わる場合もありますが、通常は複数回の施術が必要です。
※施術回数には個人差があるため、医師と相談の上で治療を進めていきます。

治療後の経過とダウンタイム

・施術後、1~2 週間は強い刺激や紫外線に注意しましょう。
 具体的な経過は、以下の通り治療内容によって異なります。

照射モード ダウンタイム
ピコスポット

1 週間程で取れるかさぶたが生じるが、コンシーラーやテープで隠せる程度。
テープ保護は必要ありませんので、翌日からメイクが可能です。( 反応が強い場
合は軟膏やテープを使用していただく場合もあります)

ピコトーニング

通常かさぶたなどは生じませんので、当日からメイクは可能です。

紫外線の刺激には十分対応してください。

※肌が敏感な状態になっているため、できるだけ直射日光を避け、

 患部を強くこすらないようにしてください。


※「ピコシュア」「エンライトン」と比べても、ピコウェイは

 246ps のパルス幅で治療でき、照射時間が短く、痛みや

 ダウンタイムをより抑えられることが利点です。

ピコスポット(シミ除去)をお受けになられた方へ
  • このレーザーでは、基本テープを貼る必要はありません。朝晩の洗顔後に軟膏を塗り、そのあとにスキンケア、メイク可能です。軟膏は赤みや色素沈着をやわらげて除去してくれるので、2 週間を目安に塗るようにしてください。
  • テープ保護(摩擦や紫外線)が必要な場合は、照射直後にテープを貼ってあるので、4~5 日は 剥がさずそのままでいてください。貼ったまま洗顔やメイクも可能です。万が一、4~5 日以内に剥がれてしまった場合には、替えのテープを貼って、その上から軟膏を綿棒などに取り塗布してください。カサブタがむけたあとはテープの必要がなく、軟膏は 2 週間目安で塗るようにしてください。
  • 洗顔は、お湯で洗うとしみてヒリヒリするので、とくに当日~3 日間は水、冷水がラクです。
  • 照射後 3~5 日をピークに薄い膜のカサブタになり、7~10 日で自然にペリッとむけます。むけたあとは擦りむいたようにピンクっぽく、赤茶っぽく色素沈着する時期はありますが、6~12 週でまわりのキレイな肌と同化して目立たなくなります。 その間、紫外線対策がままならないと、色素沈着として残ったり、シミとして再発することがあるので注意してください。
  • 照射後 1 週間後と 6W 後に経過診察にお越しください。
  • 11月~3 月の秋~冬にかけての治療がおススメですが、日傘などで紫外線対策して
    いただければ、治療は年中可能です。

ピコレーザー(ピコウェイ)の禁忌事項について

下記に該当される方は、この治療を受けられないのでご了承ください。

  • 光線過敏症の方
  • 光感受性を高める薬を内服/外用している方
    (薬の添付文書の副作用に「光線過敏症」と記載あり)
  • 激しい日焼け直後の方
  • 真正ケロイドの方
  • てんかん発作の既往がある方
  • ご希望部位に無治療の皮膚炎や感染がある方
  • 重症の糖尿病・膠原病の方
  • 治療部位に金の糸を入れている方
  • 金製剤を内服中もしくは過去に金製剤を内服歴のある方
  • 安全のため、他院での美容医療の治療歴を担当者にお伝えください。

Q&A

Q. 強い痛みはありますか?

A. お肌の表面を輪ゴムで弾かれたような痛みがあります。ほとんどの方が耐えられる
程度の軽い 痛みです。基本、麻酔クリームは不要です。

Q. ダウンタイムはありますか?

A. 直後に少し赤みが出る方もいますが、数時間~翌日で治まるため、基本的にはダウ
ンタイムの 少ない治療です。

Q. 治療後の注意点はありますか?

A. 日焼けを避け、外出時には日焼け止めクリーム等でお肌を保護してください。
また、お肌がデリケートになっているので、照射部分をこするなど、刺激を与えないよう注意してください。

症例写真

日光性色素斑(老人性色素斑・シミ) 20 代女性

【年齢】30 代女性
【お悩み・症状】右コメカミ、右眉下の日光性色素斑(シミ)
【施術】ピコスポット照射
【価格】ピコスポット照射 1cm 内 8,800 円
【リスク・副作用】紅斑・むくみ・水疱・やけどなど
【施術後】もともと、『フォトフェイシャル』を受けていた患者様です。回数重ね
て、細かく散在していたシミはほとんど目立たなくなり、色ムラも改善しましたが、写真の 2 箇所の淡いシミは、取り切れず残っている状態でした。ピコレーザーは切れ味がよく、色調が薄いシミにも反応します。施術後は、シミの部分が一時的に濃くなり、薄い膜状のかさぶたになりますがコンシーラーで隠せる程度です。約1週間でかさぶたが剥がれて、何もなかったかのようにキレイに取れました。事前に美白内服をスタートし、美白剤の外用も併用していたため、照射 1 ヶ月後以降も色素沈着はなく周囲の皮膚色にも馴染んでいます。

日光性色素斑(老人性色素斑・シミ) 20 代女性

【年齢】20 代女性
【お悩み・症状】右頬の日光性色素斑(シミ)
【施術】ピコスポット照射 1 回(7 ショット)
【価格】ピコスポット照射1cm 8,800 円
【リスク・副作用】紅斑・むくみ・水疱・やけどなど
【施術後】右頬のシミが目立っていました。スポット照射後の経過写真です。施術2
日後は、照射箇所の色が濃くなっています。その後、薄い膜状のかさぶたが形成され、約 1 週間で自然に剥がれ落ちました。1ヶ月後にはシミがキレイに取れて、肌の印象が変わっています。ご本人もコンシーラーで隠す手間がなくなり、メイクが楽になったと喜ばれていました。ピコスポット照射は、余計な熱発生がないので、皮膚へのダメージが少なく、照射後もテープ保護が不要で軟膏を塗るだけの簡単なケアになります。

ニキビ炎症後色素沈着 20 代女性

【年齢】20 代女性
【お悩み・症状】鼻の炎症後色素沈着
【施術】ピコスポット照射 1 回(7 ショット)
【価格】ピコスポット照射 1cm 内 8,800 円
【リスク・副作用】紅斑・むくみ・水疱・やけどなど
【施術後】数年前にできた炎症性のニキビにより、色素沈着が残ってしまった状態です。2 回施術後には、ほとんど目立たなくなりました。ご自宅では美白内服に加えて、ターンオーバー促進効果のあるハイドロキノンを使用いただきました。その効果もあり、鼻のザラつきや黒ずみも目立たなくなっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

料金表

※同一部位は1回の照射で消えなかった場合、取り残しがある場合は3回まで一連の料金で対応します。

大きさ(長径) 通常料金
1-10mm 8,800円
11-20mm 15,500円
21-30mm 21,000円
31-40mm 28,000円
41-50mm 35,000円
51mm以上 要相談
顔・うでのシミ取り放題プラン(6カ月適応) 各150,000円

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME