メニュー

眼瞼下垂

眼瞼下垂とは、、、、

眼瞼下垂とは、まぶたが垂れ下がった状態を言います。病的眼瞼下垂は、リラックスして正面を向いた状態で、虹彩(黒目の部分)の1/4以上がまぶたでおおわれる状態で視野障害をきたすものです。その場合には保険適応で対応ができます。

眼瞼下垂があるとどんな症状がおこるのか

1.開瞼制限(眼がひらきにくいので視野が狭い、見えない)

「瞼が重く感じる。」「まぶたが下がってきた。」「もともと眼がおもったより開きにくい。」などで来院される場合です。

 ただし、眼瞼下垂なのにまぶたはしっかり開いており、「重く感じる」のに病院を受診しても「それは眼瞼下垂ではないですよ。」と言われることもしばしばあります。

2.肩・くびのこり

眼瞼下垂があると、あごをあげて視野を広げようという動きが時には無意識に働きます。そのために肩やくびの後ろの筋肉(僧帽筋や胸鎖乳突筋、肩甲挙筋など)に疲れが溜まり、腰痛や膝の痛みにつながる例もあります。自覚症状が無くても人に肩を揉んでもらうと「こってますねー。」と言われる方も多いです。

3.頭痛

原因不明の片頭痛や緊張性頭痛などの原因になることがあります。なぜなら眼瞼下垂の手術後に改善する方が多いからです。

4.自律神経失調

冷え性、手汗がひどい、便秘や下痢などが術後に改善したという報告があります。

5.大人の非アレルギー性喘息

眼瞼下垂が眼球の後ろにある副交感神経を刺激し、喘息が誘発されるという報告があります。

6.眼瞼けいれん

片側の顔面けいれんが眼瞼下垂により引き起こされることがあります。術後に改善することがあります。

眼瞼下垂の特徴

1.目が大きくなった

軽い眼瞼下垂症で目が大きくなることがあり、それにより肩こりが起きやすくなります。頭痛に悩まされることもあります。

2.涙袋がでてきた

下まぶたの筋力が強くなることで診られることがあります。

3.一重が二重、二重が三重、四重に、、、

上まぶたの皮膚が垂れ下がってくることで生じることがあります。

4.三白眼(さんぱくがん)

白目が黒目の下でつながった状態です。皆上を見るとそうなりますが、正面をみていてもこのような状態の場合には眼瞼下垂が原因であることがあり、他人から目つきが悪いと言われたことで受診されるケースがあります。

5.上まぶたのくぼみ(Sunken eyes:サンケンアイズ)

上まぶたを上げる眼瞼挙筋がくっついている瞼板から外れたり緩んだりすることで、眼瞼挙筋にくっついている眼窩隔膜も後退します。眼窩隔膜の中に入っている眼窩脂肪がそのために後退することで上まぶたがくぼんだように見えます。

単純に眼窩脂肪が少ない、もしくは変性し萎縮してもSunken eyesは生じます。

6.ひたいのしわ

眼瞼挙筋がうまく働かないためにおでこの筋肉(前頭筋)で瞼を上げることが習慣化し生じます。正面視でのひたいにしわが寄る方は、かなり進行している可能性があります。

大きく目が開けられない場合にはうまれつきの可能性もあります。

ひたいにしわが出るようになると、頭を締め付けられるような不快感、頭痛、肩こりが怒ることがあります。

7.(特に外側の)上まぶたの皮膚がたれてきた

主に年齢をかさねることで診られやすい症状です。このためにまつ毛が目にあたって痛みを訴えて来院される方も多くいます。

8.これらの症状が複数みられる

むしろ単一の症状で来院される方は少なく、1-7の症状のいくつかで悩まれて来院される方がほとんどです。

治療方法

1.挙筋前転法

 

2.眉毛下・二重ラインでの皮膚切除(Blepharoplasty)

 

3.吊り上げ術

他の場所から採取した筋膜やナイロンの糸を前頭筋に固定します。前頭筋を上げることで瞼を上げるようにします。重度の眼瞼下垂や生まれつきの眼瞼下垂で行われます。

 

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME