メニュー

痩身ー痩せる治療ー

脂肪溶解注射 ーBNLS アルティメットー

従来から人気のあった脂肪溶解注射BNLS neoには、

FDA(アメリカ食品医薬品局:日本における厚労省)に

効果が認められたデオキシコール酸が配合されて

いますが、それを200倍に増量し、さらに効果を

高める4成分を追加した究極を意味する

脂肪溶解注射です。

 

効果

①脂肪分解(溶解)作用

②血管強化・リンパ循環排出作用

③タイトニング(ひきしめ)作用

利点

浮腫や痛みが従来のものと比較して少ない

フォスファチジルコリンや他の脂肪溶解剤では、注入部位に数日間浮腫や灼熱感を生じることがあります。

効果に即効性がある

他の脂肪溶解剤では脂肪量の変化を確認するためには最低でも2-3週間を要します。

治療間隔の短縮

他の脂肪溶解剤での治療間隔は通常2-3週間ですが、BNLSは1週間間隔で行うことができます。

※最短1週間であり、それ以上あけることは問題ありませんので患者さんの都合や求める効果に応じて対応致します。

有効成分

・L-カルニチン 脂肪をミトコンドリアへ運搬して燃焼させ、エネルギー産生を促進します。

・アーティチョーク 脂肪燃焼作用に加え、利尿作用、浄化作用(デトックス)を有し、有害物質を体外に排出します。

・カテキン 脂肪熱傷作用のほかに、抗酸化作用により活性酸素の発生を抑制し、肌の老化を防ぎます。

・CoQ10(コエンザイムQ10) エネルギー産生には必要不可欠である、抗酸化作用もあるため、肌の再生や老化防止に働きます。

・その他の成分 ヒバマタ抽出物(脂肪分解作用)、セイヨウトチノキ(抗炎症作用、浮腫軽減作用、血管弾力性促進作用)、ペルシャグルミ(血管保護作用、血行促進作用)、デオキシコール酸(脂肪細胞膜破壊作用)、チロシン(脂質代謝促進作用)、メチルプロバンジオール(成分の浸透促進作用、保湿作用)、マンヌロン酸メチルシラノール(脂肪分解作用、抗炎症作用、保湿作用)

脂肪細胞の数と容積が減少

痩せたい部分にBNLSアルティメットを注入するだけで脂肪を溶解し、脂質代謝を促進します。また、強い抗酸化作用で活性酸素の発生を抑え、肌の老化を予防します。

溶解した脂肪は老廃物として体外へ排出されます。

注意点

・次の場合には使用できません。

 感染や炎症がある場所、含有成分にアレルギーがある、血液をさらさらにする薬を飲んでいる、甲状腺疾患がある、妊娠中・授乳中など。

・あざ(出血斑)ができても7日以内に消失します。

・注射当日は注入部位をこすったり、頻回に触ったりしないでください。

・翌朝まで洗顔や化粧はできません。

・飲酒や喫煙は炎症を起こしやすくなりますので3日程度控えてください。

・施術後3日はサウナを控えてください。

・施術後3日間の有酸素運動(ルームランナーやトレッドミル、エアロビクスなど)を推奨します。

・HIFUやRF(ラジオ波)治療を行う場合にはリンパ液を介してからだから溶解した脂肪を排出させるのを促進させるために本施術の3-5日後を推奨します。

施術部位

 

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME